歯科経営コンサルタントの高橋良一が歯科医院開業をサポートします

TEL :0120-817-271 平日の9時から19時まで受け付け中
相談は何度でも無料です。まずはご連絡ください。

増患対策・集患対策

ミーティングを大事にする

|
月に一度か二度ミーティングをすることも大切です。その時には必ず目標値や実績値を示します。目標が達成したらその達成した要因を分析します。


例えば新患の数が多かったなど、リコール数が多かった、保険点数が高い日が多かったなどです。一方、目標が達成しなかった場合でも、その要因について分析します。


一番大切なのは、目標値と実績の差を分析して、その次の月に活かすことです。分析しただけでは意味がありませんので、次につながる行動をしたほうがよいでしょう。


数値目標とそれを達成する原動力。そしてそれを継続することが大切です。

競合する歯科医院に勝つために

|
数多くの競合する歯科医院のなかには、たくさん患者さんが来る成功している医院とそうではない医院が存在しています。伸び悩んでいるクリニックは多数の原因が考えられます。


・患者さんのニーズに合っていない
・外観・サービス共に時代遅れの歯科医院になっている
・スタッフの教育がうまくいっていない
・効果的な集患が行えていない


やることを行わないとダメです。
グッドワンでは、数多くの実績からノウハウを生かしそれぞれの事情をお聞きして中立的な立場からアドバイス、サポートを行います。
歯科経営するにあたって最初から何のデータもない中で経営するのは不安ですね。
グッドワンでは、


1.他の歯科医院の事例を知りたい

2.財務の面から歯科医院の現在の状態について把握しておきたい
3.設備投資金額や従業員の退職金など将来の支出にもっと上手に備えたい
4.スタッフが働きやすい環境を整備しておきたい
5.患者様との関係構築をよくし、集患増患したい


など、過去のデータをもとにクライアント様に現在の状況などを発信しています。

また定期的にセミナーも行っているので興味ある方はぜひご参加ください。


自費診療による売り上げ増加

|
患者さんを診療するユニットの数は決まっています。となると、一日に診療できる人数も決まってきますね。その中で売り上げを増やすための自費診療を増やして、儲かる診療を多くやりたいというのも当然の心理だと思います。


しかしながら、簡単には自費診療は増えませんね。最新の歯科機器を導入したのにも関わらず売り上げが上がらないのは悩みの種ですね。どうしたら自費診療が増え売り上げがアップするのでしょうか?


患者さんが求める診療と歯科医院がする診療内容に大きなギャップがあったりするのも大きな理由ではあります。患者さんが「極力安く歯を白くしたい」と思っているのに、高額なインプラントの提案も成約にはつながらないと思います。


売上アップのためにしっかりとした患者さんの立場に立った「自費診療の提案」をするべきです。

歯科医院開業の際の広告の仕方

|
歯科医院を開業したら時期に合わせて広告をしないといけません。内覧会やチラシのポスティング、ホームページなどさまざまな媒体で自分の歯科医院を宣伝しませんと、せっかく開業したのに人が集まりません。地域の方々に認知してもらうために最初は広告費を惜しんでいては、前に進まないでしょう。


この宣伝、広告の仕方なのですが、してはいけないことがいくつかあります。

1、誇大広告
2、虚偽の広告
3、比較した広告

この三つに関しては、広告規制に違反しているのでやめましょう。患者さんには正確な情報を伝え、客観性、正確性を重視した内容で歯科医院の宣伝をしていきましょう。またこういったものはホームページに記載する内容にも適用されるので注意が必要です。


rrf024.jpg