歯科経営コンサルタントの高橋良一が歯科医院開業をサポートします

TEL :0120-817-271 平日の9時から19時まで受け付け中
相談は何度でも無料です。まずはご連絡ください。

内覧会の開催

歯科内覧会とはいったい何のために行うのでしょうか?
患者さんとなる地域の方の多くの方は常に良い歯科医院とめぐり合いたいと思っているのです。過去多くの古い歯科医院の先生が環境と関係を構築してこなかったために、信頼のできる歯科医院との関係を築きたいと思っているのです。よいパートナーシップの歯科医院の先生を探しているのです。そのために地域に根付き信頼関係を構築するための第一歩「歯科内覧会」と考えてみたほうがいいでしょう。


目先の利益を取ろうとするよりももっと地域の患者さんのための歯科内覧会というものが必要となってくるでしょう。もちろん歯科医院の経営は利益の追求も必要ですが、そのためにはまず地域の方々にアピールしていくことが必要なのです。どんなに技術、経験が豊富でも重要なポイントを抑えておかないと意味がないといえるでしょう。

0006316.jpg
グッドワンではただ増患や集患だけを考えた一過性の内覧会は行いません。ではどういったものかというと、グッドワンの考える歯科内覧会とは、その歯科医院の理念などをしっかりととらえ、それをその地域の皆様に浸透できる手法を個別にご提案致します。ですからその医院ごとに内覧会の内容は異なったものとなります。


また内覧会を担当するスタッフに関しては、多数が業界10年以上のプロフェッショナルです。その場限りのイベントとしてではなく、歯科経営の重要な要素とし、今後につながるものとしていきます。


また新規開業時のイベントだけではなく、今では既存のクリニックにおいて再認識を図るために、見学会、内覧会を開催するケースも珍しくありません。ぜひ一度お問い合わせください。

0006082.jpg

地域の方へのアピール方法

|
歯科医院の経営は他の一般的な業種と違い非常に受動的な手法に委ねられます。患者の必要性と偶発性による自院への選択は、他の医院と比べ平等な受動的選択確率と言えます。そうであるならば、如何に開業時などにおける公式アピールの場を作るということ、そして診療圏内の患者見込みである地域の方とどれだけ密にコミュニケーションを取れるかが今後の経営に大きく左右するであろうと言っても過言ではありません。


さらに、立地環境が非常によい場合、多くの集患が見込まれるため内覧会の開催が必要ないとおっしゃるという方もいらっしゃいますが、好立地ですと、おのずとデンタルIQが低く患者の質が想像を超える悪さの場合が多く見られます。


「数をこなす」という手法も良いですが、保険診療と自費診療の バランスを作る意味でも、長く良質な患者さんとの関係を構築する上でも質の高い内覧会は行ったほうが良いでしょう。

集患につなげる内覧会

|
今はなんでもインターネットで比較される時代だと思います。その歯科医院の評価は口コミで広がっていきますし、新規参入後、知名度が低いと地域の見込み客にもアプローチでません。


歯科医院開業時の最も大切なプロモーションの一つだと思いますし、歯科内覧会でその医院の評価やイメージも決まってしまいます。だからこそ長年の経験のあるグッドワンは歯科内覧会に強みを持っています。


駅から遠いので集患につながるか心配な先生も内覧会の来院数に不安を感じている先生も歯科コンサルティンググッドワンならではの内覧会のご提案ができるので、ぜひ一度お問い合わせいただければと思います。

0006202.jpg
新規開業の際の内覧会。これからの歯科医院には必ず必要な項目となってくると思われます。初日開業から大勢の患者さんを医院に集めることで今後の医院の運営が大きく変わってくるものなのです。


また、グッドワンが提供する内覧会では、開業後、医院の経営がうまくいっていたとしても、地域に強力なライバル医院が現れ、「患者が減った」「売り上げが減った」などで今よりも医院の運営を好転させるにはとてもよい選択肢となります。


医院の認知度というのは数年たつと平行線をたどることになってしまいがちですが、こういった内覧会を開くと医院の再認識に大きな効果を与え、イメージ向上、売上の向上となることは間違いありません。